hodohodo blog

ミシンキルトとかその他いろいろ

MENU

スケジュール帳カバーを作成したが…

昨年末、A5サイズでスケジュール帳カバーを作ってみたのですが、少し厚みが出すぎたのと、サイズが微妙に小さくなってしまったので、結局使っていません(笑)

スケジュール帳は入ることは入るのですが。

なにか他の本のブックカバーにしてみようと思います。

 

*************

お正月早々、あのような地震が起きるとは…。被害に遭われた方々のことを思うとなんとも言えません。

昨年から、世界でも大きな地震が頻発しているので、地球全体の地面が動いているのかもしれません。

早い復興をお祈りいたします。
**************

世界街歩きを見ていたら・・・

さきほど、NHKの「世界街歩き~マレーシア ジョホールバル~」を観ていたら、樽見くんにそっくりな人が出てきてびっくり。

もう、ほぼ瓜二つに思えたのですが。

その人はマレーシアのカーショップで車販売していました。

樽見くんって、誰? という話になるわけですが、樽見くんというのは、KBS京都の「あんぎゃでござる!」という森脇健児さんと構成作家の柳田さんが出演している番組の制作スタッフのお一人なのです。

制作の人なので、完全に裏方さんなのですが、一緒にスイーツを試食したり、難読地名あんぎゃの回などでよく登場されるので、ほぼレギュラーメンバーという感じです。

 

樽見くんには、マレーシアまで行って、その人に会ってほしい、出来れば番組で…、などとしょうもない妄想をしておりました。


f:id:fppartdesign:20231219214447j:image

樽見くんの似顔絵…。

 

 

阪神タイガース日本一おめでとうございます

38年前にタイガースが日本一になったとき、なぜかにわかファンになって、一生懸命応援していました。

中西清起投手が気に入っていて、リーグ優勝時の優勝投手になったことも鮮明に覚えてます。

それ以来、熱烈というほどではないですが、阪神が勝ったらいいな~、という感じで過ごしてきました。

あれから38年・・・長かったですね~。

これは今から20年前に、阪神がリーグ優勝したときの記念品のタオルで、家に唯一ある阪神グッズです。

おそらく当時阪神タイガースのファンクラブに入っていた父から貰ったもので、なぜか、今年、お義母さんがクリアファイルに入れて、リビングに飾っていました。

神戸生まれの父は、昔から阪神タイガースファンかと思っていたら、そうではなく、特にどこかの球団のファンではありませんでした。

ところが、60を過ぎてから、毎朝、「おはようパーソナリティ道上洋三です」というラジオ番組を聞くようになり、熱烈な阪神ファンである道上さんに洗脳されてしまったのか、阪神タイガースのファンクラブに入り、六甲おろしの歌詞を印刷して部屋に貼ったり、道上さんが歌う六甲おろしが収められたCDを買ったりしてました。

ファンクラブから送られてくるタイガースグッズも部屋に結構ありました(使うのは恥ずかしいものもあったので、他の人に譲りました)。

今年は、朝ドラの「ひらり」も観ていたのですが、登場人物の一人、小林先生がロッコー小林と呼ばれるほど「六甲おろし」を歌いまくり、今年ほど「六甲おろし」を聞いた年はないかも…。「正調六甲おろし」とか言ったはりましたが、六甲おろしにもいろいろなバージョンがあるんですね。初めて聞いたのは、立川清登さんバージョンで、それが正調ならぬ正統かと思ってました。

とにもかくにも、日本一おめでとうございます!

重機のタペストリーが完成しました

先週より、高齢の家族のことでバタバタ…。
やりたいことがあっても、そういうときはなかなか手につきません~~。

先日の記事で、フリーモーションキルティングをした90cmのタペストリーですが、例のバタバタが起こる前に滑り込みで完成しました。

かましくも、この作品をminneさんで販売することにしました。

minne.com

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村

フリーモーションキルティングに励む

このお盆休みの間、作りかけで止まっていた90cmのタペストリーを完成させることにしました。

 

ミシンキルト用のキルト芯と裏布の在庫がなかったので、調達しました。

 

 

昨日、今日と90cmのタペストリーのフリーモーションキルティングをしました。


本日終わらせたかったのですが、終わらず…。

 

最初は、下書きなしでキルティングしていましたが、次はどこを縫えばいいかな・・・とミシンを止めて考える時間が多かったので、途中からチャコエースでキルティングラインを描いてから縫うようにしました。やっぱりそのほうが早いですね。

 


 

 

フライングギースのパターンでKindleケースを作る(2)

フライングギースのKindleケース、完成しました。

今回は、マグネットホックではなく、ファスナーにしました。

が、しかし、完成して、わがKindle端末を入れてみると・・・

入らない!!! ことが判明しました。

横幅があと少し、足りなかったのでありました。

ファスナーにしてしまったせいで、少し横幅が狭くなったようです。

ちなみに、幅20cmで作っています。

Kindle端末以外の、それよりサイズの小さいものなら入ります・・・。

フライングギースのパターンでKindleケースを作る(1)

久しぶりにファウンデーションペーパーピーシングの型紙でフライングギースのパターンを縫いました。

 

材料を用意。こんな配色で良いのか?

 

パターンを作成して、プリントアウトしました。

サイズは、20cm✕16cmです。

 

とりあえずミシンで縫いました。


フライングギースのギース(雁)はピンクの三角の部分だと思うのですが、もしかして両端の三角でしょうか。

両端の三角も鳥に見えなくはないです。

あ、もしかして、雁が三角形(V字型)に隊列をなして飛んでいるところを表してるのが正解でしょうか。

練習がてらKindleケースをいろいろ作った7月

いつの間にか8月に・・・。

7月の一番最初に作ったKindleケース、これをもう少し、早くラクに作る方法はないかと思い、作り方を変えていろいろ作ってみました。

パッと見ではわかりませんが、どこかしら失敗しているケースたち。
失敗してるどれもこれも~♪

 

ちょっとマシに出来たかなと思える2つ。

このちょっとマシに出来たやつが、一番早く、そしてラクに作れる方法だと思ったのですが、しかし…。

内袋にマグネットホック(後ろで金具を折り曲げるタイプ)を付けるのですが、ちょっと内袋が浮いた感じになってしまうのは、これはこれで仕方がないことなのでしょうか。

それから、一番最初に作ったケース↓ですが、マグネットホックのオスメスの付ける位置を逆にしていました!

wanmark.hatenablog.jp

正しくは、蓋に付けるのがオスで、本体側がメスです。

8月も、時間があれば作ってみたいと思います。

Kindle用カバー(ケース)を作りました

先日購入したKindle端末ですが、カバー(ケース)は買わなかったので、むき出し(むき身?笑)で使っていました。

wanmark.hatenablog.jp

やはりカバーはあったほうがいいと思い、ハギレで作ってみました。

ピーシングと最後のコの字縫いは手で縫いましたが、キルティングバインディングはミシンでやりました。

バインディングはカーブのところがミシンでやるとかなり縫いにくかったです。

Kindle端末を入れてみたところ。

 

サイズは17cm x 20cmです。

Kindle端末を買い替えた話

2015年から使っていたKindle端末(Kindle Paperwhite)ですが、さすがに動作が遅くなり、しょっちゅうフリーズするようになってきたので、先日、新しいのに買い替えました。

Paperwhite 6.8インチディスプレイ(広告なし)です。

左が新しい方で、右が古い方です。

画面が少し大きくなりました。

付属品です。

写真が逆さま😅

古い方で使っていた充電用のケーブルですが、そういえば、昨年、ケーブルの絶縁部分(?)が劣化してドロドロに溶けるという事件がありました。そのせいで、ケーブルを入れてたバッグ内が黒く汚れてしまいまして、洗っても取れなかったという…💦

最初はなぜ、黒く汚れてるのかわからず、松田優作状態で叫んでました。

長いこと使ってるとそういうことがあるんですね。

今回の新しいケーブルも同じ素材っぽいので、5年ぐらい経ったら劣化するかも…🤐